2010/02/24 水曜日

NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010@新居浜市市民文化センター

Filed under: 水樹奈々 — Nis @ 06:42:26

 
 水樹奈々@新居浜、凱旋公演を見てきました。
 
 ライブは超充実してました。たぶん、水樹史上に残る神ライブだったのではないかと。もし勝ち組と負け組がいるとするなら、間違いなく、新居浜公演を見たファンは勝ち組なのではないかと思います(言い過ぎ?)

 ドームを埋めるようなアーティストがキャパ1200席しかない会場でやること自体異例で、典型的な地方の古い会館なのに、盛り上がる観衆で場内はまさにライブハウス状態。さすが地元初公演、かつ紅白後の凱旋公演だけのことはあります。
 
 
 まだまだライブツアー始まったばかりなのでまるごとコピペはしませんが、某所のセットリストを見ると、まさに「神セットリスト」と呼べるすばらしい選曲でした。

 最初っからクライマックス「SUPER GENERATION」、跳べと言わんばかりの「You have a dream」、もはや定番と化した「DISCOTHEQUE」と続いて、少し息をつけるかと思いきや「アオイイロ」。
 
 
 「今日、初めて新居浜に来た人~?」
 私はずっと前に新居浜に来たことがあるので、いちおう手を挙げませんでしたが、会場のほとんどが挙手。観光大使として立派に仕事を果たしているというべきでしょう(はっはっは

 「夢幻」「深愛」で聞き惚れていると、「PHANTOM MINDS」、恒例のイベント選曲では中森明菜の「DESIRE」。歌詞カードを手に持ってるのに全く見ずに歌いきるのには「歌詞憶えるほど何度も歌ったことあるのか?」と思いつつ、JUMP!、POWER GATE、天空のカナリア、Silent Bibleと一気に盛り上がり・・・
 
 
 「Silent Bible」はなのはA’sのPSPゲームの主題歌ですが、どのキャラで遊んでるかというステージからの投げかけに一部「なのは~」という空気を読めない声が(笑)。

 「フェイトちゃんも使ってください(>_<)」
 ゲームまだ未開封だけど、明日からフェイトちゃんでクリアするよ、私!
 
 
 そしてなのはつながりで「エタブレ」ときて・・・・
 これまた神曲「Tears’ Night」キター
 
 
 そして、最後までサプライズは続き、最高のサプライズが、
 
 ダブルアンコールの「つがざくら」。
  
 本人が中学生時代に歌った、地元の歴史遺産「別子銅山」とそこに咲く花を題材にした名曲ですね。自身にとっても思い出深い曲でしょうし、新居浜だからこそ歌った、というべきでしょうか。

 ダブルアンコールというのも驚きましたが、この曲で感涙にむせぶ人が多数。
 コマ劇場でも聞きましたが、やっぱりこの人、演歌うまいわぁ~。

 
 他、MCの話題。
 ふるさと観光大使の流れからか、新居浜市長がライブを見にこられていました。「市長!市長!」コールの時は会場の全員がこちらを振り向くので、驚いて私も振り返ったら、私の席の少し後ろの席におられました・・・・というか、その後ろの席には、本人のお母様まで!

 振り返った関係者席は、市長他、商工会や観光協会の人っぽい偉い人(NHKの石原Pらしき人も)が何人かおられましたが、年配の方が皆、青いサイリウムを振ってました。アンコールの時も座らずにコールしてみえました。実年齢より若い人たちなんですねぇ。少し感動。

 すぐ近くだったので、BD化された時に市長コールのシーンがカットされなければ、私の後ろ姿も写っているでしょう(はっはっはー

 そう、この新居浜公演はBD&DVD化されるようです。
 横浜アリーナや千秋楽の名古屋だけではなく、こんな小さな新居浜公演で発売するとは驚いた! 場内をHDカメラが走り回っていたので、もしかしてと思ってましたが。これでこの神ライブを見られなかった人も安心ですね。

 狭い会場なので、BD画質であれば、客席の一人一人の顔まで判別できるでしょう。それはそれで恥ずかしい・・・・。でも、それでも買いますよ! えぇ、2枚でも3枚でも。

 

 本編ラスト「Gimmick Game」の時にバーンと飛んできたテープを拾ったら、なんと本人の手書き(印刷)と思われる書き込みが。アリーナ会場では前の方の席しか拾えないと思うので、これを回収できただけでも、新居浜に来た甲斐がありました。(新居浜会場では後ろの方の席の人向けにスタッフが配っていた、という情報もありますし)

 本人も興奮していたのか、後半は音が少しずれたり、歌詞がなんとなく違ってるような気もしましたが、そこはそれ、ハイテンションで突き抜けたライブの感動の前には些細なことですよ。

 あとから補足するかもしれませんが、とりあえず当日の興奮のまま、書いてみました。

 
 ※今回、すべてクルマで移動しましたが、名古屋からの走行距離合計が1200kmに達していました・・・・。
 
 
 

30 queries. HTML convert time: 0.203 sec. Powered by WordPress $B$J$+$N$R$H(B