2008/12/25 木曜日

なんだこれは。

Filed under: Animation&Game — Nis @ 12:45:48

 今期、個人的な最優等アニメは「喰霊-零-」になりそう。
 「とらドラ!」「かんなぎ」も甲乙つけがたいが、最終的に「喰霊-零-」を超えることはなさそうだ。

 

 「喰霊-零-」。
 
 第1話の超展開もそうだけど、全体的にサブヒロインの黄泉についての演出が秀逸。(俺の嫁に欲しい)
 衝撃的な序盤、幸せな姉妹の日常風景を描く中盤、暗転、怒濤の展開のあと、登場人物(特に黄泉)の苦悩を描き、悲劇と感動のエンディングへと至る終盤と、基本ストーリーも秀逸。これは「ひぐらし」を初めて読んだときの感想に似ている。
 ひぐらしと同じで、幸せなシーンが楽しげであればあるほど、美しければ美しいほど、じわじわと忍び寄る暗転が恐ろしく感じられ、ラストの感動がさらに印象強くなる。
 
 作画も手が込んでいて、背景もキャラも、よく描き込まれている。背景と言えば、パトレイバー劇場版並みにロケをしたらしく、地下道の絵とかがとてもリアルだ。キャラは言うまでもなく黄泉が。

 

で、原作を読んでみた

 
 最終回が終わったので、さっそく、2巻まで買ったまま封印していた原作を開封した。
 
 ・・・・・なんだこれは。なんなんだこれは。

 
 アニメの出来が良すぎると、原作読むのがつらいねぇ・・・・。
 涼宮ハルヒ効果で「喰霊」も原作が売れるだろうけど、これは逆効果じゃない?
 
 原作からアニメに入った人はこれでいいんだろうけど、アニメから入った私は、この落差はとても耐えられない。
 
 
 アニメで原作を作り直してほしいというのは無理なお願いかしら?

 
 来週はとらドラも最終回。
 

27 queries. HTML convert time: 0.243 sec. Powered by WordPress $B$J$+$N$R$H(B