2009/04/22 水曜日

ウィルコムがんばってる?

Filed under: NETWORK,Technology,W-ZERO3 — Nis @ 18:12:59

ウィルコム、ついに高速通信を実現する次世代PHS「XGP」の試験サービスを開始(GIGAZINE)

 節約モード突入のため、解約しようかと思った矢先にこれかよ(笑)
 でも、やっぱり名古屋飛ばしなのね(汗

Intel、高速タイプのSSDを近日中に大幅値下げか(GIGAZINE)

 あぶねー。私が買ったのはX25-E(SLC)。値下げ発表があったのはX25-M(MLC)。
 これでSLCモデルも値下げ発表だったら、かなりがっくりモードだった。あぶないあぶない。

新Mebius「PC-NJ70A」ついに登場、世界初の光センサー液晶パッドを搭載(GIGAZINE)

 SHARPの革新的な新デバイス。「光センサー液晶パッド」でしたか。キーボード全部タッチパネル液晶という期待は外れましたが、これはこれで期待できそう。というか、光センサー液晶パッドだけの拡張機器でないかしら?

2009/02/05 木曜日

サーバ名

Filed under: Animation&Game,NETWORK — Nis @ 12:53:29

あなたの付けた、アレゲなマシン名は?(/.J)

 以下、コメントからの引用

何のアニメのことかは知りませんが、同じく太陽系の惑星の名前です。
もちろん、moonなんて入っていません。

とあるアニメの登場人物名でつけた場合、そのアニメを知らない人は車の名前縛りだと思ってくれます。

Testarossa
Signum
Vita
Shamal
Zafira
SUBARU
VEROSSA
VIVIO

さすがに主役の「NANOHA」だと車から離れてしまいますが。

 会社だというのに思わず吹いた。

 ちなみに、我が家のホスト名は「olive」「motordrive」「bottomline」「virginity」「moon」「friends」、次はたぶん「time」か「poison」を付けるでしょう。

 わかりにくい元ネタですね。
 曲はいっぱいあるんだけど、1単語にまとめられる名前が少なくて・・・。

2009/01/28 水曜日

電気通信主任技術者

Filed under: NETWORK,personal — Nis @ 19:26:49

 
 解答が発表されたので自己採点してみた結果、おそらく合格したことが判明。
 
 不得意分野の問題はヤマ外れたけど、日常業務で扱ってる分野の問題は間違えようがないので、「不得意問題を適当に書いた」ところの正答率が高かった、ということですね。
 今までの試験で科目合格しているので、今回は「電気通信システム」だけを受けてきました。(科目合格は2年で剥奪されるので、ちょっと焦り気味でしたけど)
 
 
 今までの軌跡

  法規 設備管理 専門(データ通信) 電気通信システム 備考
平成19年7月 × × × × 記念受験
平成20年1月 × × ×
平成20年7月 ×
平成21年1月

 2年かかったか・・・。試験料が18,700円×4回で74,800円。全額自己負担なので、これからの昇給交渉(手当をつけて!)をがんばらないと。(いちおう、今年は社命で受験しているので!)

 
 試験の感想。

  • 「トムソン効果ってなんだっけ?」→適当に書いとけ→正解
  • 計算問題。「誘導リアクタンスって?」→「純抵抗」とみなして計算→ハズレ
  • ダイオードの種類→消去法で回答→正解
  • 論理回路問題(ANDとかNANDとか)→しこしこと色塗り→正解
  • 計算問題。「電流計」と「分流計」→えっと、E=IRだから・・・→ハズレ
  • 伝送品質関連。このあたりはさんざん勉強したので普通に正解
  • 衛星通信。地上局にはハイブリッドコイルのはず→ハズレ
  • 電話網の構成について→普通に正解
  • TCP/IPやらインターネット関連→日常業務の内容ですから間違えません
  • 携帯電話網の識別信号は?→一般知識(?)として正解
  • 光ファイバの構造→うっかりミスでハズレ

 100点満点で65点。合格点は60点ですから、マークシートに名前書き忘れたとか1問づつマークがズレてたとかじゃない限り合格しているはずです。

 情報処理試験と比べてマイナーな資格なので、問題集が高価だったり何年も改訂が無かったりして、勉強は思ったほど進みませんでした。
 が、最近の技術傾向に合わせてインターネット関連(つまりTCP/IPネットワークの構成とか光ファイバ網とか)問題の割合が増えているようで、私には有利に働きました。今さらATMとかISDNの問題は出ないだろうと思ったら的中(電話網の問題は出ましたが)。

 全問題の1/3を占める「電気工学」「電子工学」問題さえなければ、もっと早く受かったのに!

 
 電気通信主任技術者資格があると「第一級陸上無線技術士(一技)」の試験科目免除を受けられる(pdf)ので、せっかくだから受けてみようかしら。

 

2008/10/22 水曜日

電脳フィギュアARis

Filed under: Animation&Game,ツンデレ,NETWORK,Technology — Nis @ 01:30:27

電脳フィギュアARisがamazonから届きました。

外箱は結構な大きさがありますが・・・・・

中に入ってるのはこれだけです。(開発費を除いた原価は安そう・・・・)

ウェブカムを持っていなかったので、この際と思い、購入しました。

インストールは時間がかかります。(発売直後なのでサーバが重い。プログラムは全て公式サイトからダウンロードします。インターネット環境は必須です)

 インストールした環境は、

  1. CPU Pentium4 3GHz
  2. M/B Intel D875PBZ
  3. メモリ 3GB(1GB×2&512MB×2)
  4. VGA ALL IN WONDER RADEON 9700pro
  5. Sound ONKYO SE-80PCI
  6. OS WindowsXP pro
  7. モニター SHARP LC-32DS3

 動作環境はPentium4 2GHz以上とのことなので、ギリギリっぽい? Core2Duoくらいの方がいいかもしれない。あと、やっぱりグラフィックボードはそれなりのが必要だと思われます。(Pentium4 2.53GHzの会社PCではまともに動かなかったので)

起動中画面

とりあえず動きますた。(モードは640×480)

全画面モードでも動きます。(32インチ液晶で何をやってるんだか・・・・orz)

あ!

 
 

気になった点は、

  1. プログラム終了してもプロセスが残るのを改善してほしい。(再起動すると二重起動エラーになる)
  2.  このことは公式サイトでも不具合として認識しているようで、バージョンアップで対応するようです。

  3. 動作を軽くして欲しい。(特にグラフィックカードが大きく影響するようだ)
  4. 全画面モードとウィンドウモードをショートカットキーなどで切り替えられるようにしてほしい
  5.  常に全画面で表示させることはむしろ少なく、通常はウィンドウモードで常駐させ(勝手にしゃべらせ)といて、息抜きに全画面で操作出来た方が便利。起動後は(ARisをおちょくる以外は)終了しかできないというのはUIとしてどうかと思う。

  6. 画面キャプチャーや動画キャプチャー機能があった方が、ブログなどに紹介しやすいかも
  7. 「声はコードギアスのC.C.役のゆかなさん」と紹介しているが、C.C.役しかゆかなさんを知らない人は違和感があるかも。「プリキュアの白いひと役の」とか「フルメタのテレサ・テスタロッサ役の」と書いた方が違和感無いかも。
  8.  
     ・・・・・・まさか、この姿でC.C.みたいなセリフを吐くのか? それはそれでいいかもしれん(笑)

  9. ぶっちゃけ、横に「うにゅう」がほしい。
  10.  「任意」関連アプリ群(というか任意ラヂオ)を知ってる人がどれぐらいいるかわかんないけど、こういうデスクトップアクセサリが自分にひたすら話しかけられても、そのうち飽きるんだよね。「任意」が成功した理由の1つは、ヒロインの他に相方がいて、ほっといても勝手に漫才をしていて、常にユーザーが構ってやる必要がなかったこと。「ARis」にも「うにゅう」がいたほうがバリエーションが出るのではないかと思われ

 
 まぁ、ファーストインプレッションはこれぐらい。

 
 

2008/09/10 水曜日

mixiの外部ブログ対応

Filed under: Animation&Game,コードギアス,マクロスF,NETWORK — Nis @ 12:20:57

mixiモバイル、外部サイトを携帯電話向けに変換するサービス (BBwatch)

 どうやら9/4から対応していたみたいですね。mixiは「告知する予定はない」としてるんですが、なぜなんでしょうね。
 スクエアエニクス風に言うと「裏パッチ」ってやつでしょうか。そのうち、「mixiモバイルで外部ブログを閲覧できた不具合を修正しました」とか言う告知が出たりして。「改善」と告知されたら、裏パッチの「改悪」を疑えってことですよね
 
 (まさにFF11だw なんて斜め下www FF11に毒されすぎ自分wwwww)

 気になるのは、のちな先輩のブログのようにサイドバー部分が先に表示されるパターンがあること。自分の日記がどう変換されるか確認できないのはつらいなぁ。(自分の日記は変換してくれないのだ、mixi)

 
 

 ※ 昨日の日記ですが、大阪の「れ」の人から「スカイクロラ、まだ劇場公開してるよ~」と指摘があったので、ネタバレ回避対応をしました。申し訳ない。

 >れの人

 コードギアスは、もう先が読めません。ルル幸せハッピーなエンディングではなさそうですが・・・・。マクロスFは、このままシェリルENDで突き進んでくれれば満足です。 
 

2008/08/24 日曜日

ケータイメールなんていらない!

Filed under: NETWORK,personal,work — Nis @ 14:03:18

 仕事関係や友人で、「ほとんど携帯電話に出ないし、コールバックもしない」人が数人いる。電話をかけても出ない、コールバックも無い、留守電入れても無反応、会社にかけると待たされた末に出る。相手が用件があるときは、こっちが何していようとも電話に出ることを強要するくせにねw

 中には、電話をかけたら直後にメールでコールバックされたり、ケータイメールが届いたから「携帯電話が手元にあるに違いない」と思って送信者に電話しても電話に出ないけどすぐにメールが返ってくる、運転中にイヤホンマイクで通話することはできないけど運転中にメールを書くことはできる、という重度の電話恐怖症(というか「ケイタイメーラー」?)な人がいたりする。(「絶望先生」にそんなキャラいたな)

 週刊文春(7/10号)「夜ふけのなわとび」(エッセイ:林真理子)に、こんなことが書かれていた。(以下、引用)

(前略)
 そのうち、友人からメールが入ってきた。
「ねえ、明日の待ち合わせどうする。渋谷どこがある? まさかハチ公前ってわけにはいかないしさア」
 返事をうつ私。
「セルリアンのロビーでいいじゃん」
 うー、指のタッチがまたうまく出来ず、失敗ばかりしている。やっとできた。送ると瞬時にメル返。
「あそこって結構歩くよ」
「じゃあさ、マークシティの中のスタバは」
 間髪入れず返事が来る。
「えーっと何階だっけ」
「私もよくわからないけど・・・・・」
 途中で馬鹿馬鹿しくなって通話にする。会話すれば十秒で終わることを、どうして数回のメールにしていたか、われながら不思議である。
(略)

 直接対話や電話なら数分で終わる内容を、わざわざメールで2~3時間(PCメールなら数日かけることもある)かけてやりとりするのかがわからなかった。わからないのは私だけで世の中はそういうものなのかと思っていたが、(世代的にだいぶ上だが)有名な作家先生も同じように考えたことがわかってほっとした。

 通話よりメールの方がたしかに安いが、用件だけの短い電話なら1回当たりたかが数円程度の差で、ケータイメールにかける手間と、無駄に費やされる時間を時給換算したら、絶対に通話の方が安上がりじゃないかしら?(だいたい、通話料金が発生するのはかけてる私の方だw)
 この「メール万能主義」がもし節約に由来するのであれば、ケチにもほどがあるというか、なんというか。

「爪に火を灯して油代を節約したつもりが、
 ヤケドして治療費の方が高く付いた」

って感じ?

 いかん、脱線した。

 メール、メール、と一口に言うが、PCメールとケータイメールは全く違う物。

 PCメールは郵便と同じでリアルタイム性を要求されない。「では、文書はメールで送っておきますので、ご確認ください」「昨日の議事録、メールで送りましたが、確認いただけましたでしょうか?」といった感じで、ある程度重要な内容を、ある程度長文で送る。

 翻って、ケータイメールにはリアルタイム性がある。送った数分後に相手に届くことが前提で内容が交わされる。相手にも「今送ったんだから、すぐに返事をよこせ」という期待を持ってしまう。この期待が度を超した中高生の仲間内では、「ケータイメールの返事が遅かった」だけでイジメに遭うことになるらしい。
 ところが、人はそれほどヒマではない。強制的に携帯電話にメール送られても読めないことだってある。そんな時でも、リアルタイムを期待されてる以上、相手はすぐに返事が来ることを前提に考えているので、主観時間がどんどん無駄に費やされていく。そりゃ怒るだろう。

 この期待はPCメールにはない。PCメールでも「メール送ったのに、なぜまだ読んでないんだ?!」と逆ギレする人がたまにいるが、そんなに急いでいるんだったら電話するなり、アポを取って相手の所に行けばいいのだ。海外の取引先じゃあるまいし。

 ビジネスの現場に「メール送ったから絶対に大丈夫」なんてことは絶対にない。最近の新入社員向けのビジネスマナー講座なんかでは、口をすっぱくして「ビジネスはメールだけで完結することはない」とちゃんと教えてるらしい。

 よく考えたら、コールバックしない人はみな、自治体職員・団体職員や総務など、「かかってくる電話がみなクレームやら問い合わせばかりで、電話がコミュニケーション手段ではなく単なる付加義務になってる人たち」だということに気がついた。客商売をしたことがないとか、電話1本でビジネスチャンス(=来月の自分の給料)や、自分の評価が左右される経験をしたことがない?

 と思ったが、MARさんとか職業的にはそういう部類に入るはずだけど、彼はコールバック必ずあるなぁ。んー、やっぱり個人個人の素養とか性格の問題なのかしらね・・・。

 結論がよくわからないままフェイドアウト。

個人的には、「サーバが止まりました」「データベースがあふれました」「空調が止まりました」みたいなメールが来なくなってほしいので、「ケータイメールなんかなくなればいいのに!」といつも思ってます(笑)

 今日も朝から「エンドユーザー向け機器に障害が発生しています」メールが1時間おきに定時報告で何通も何通もケータイに飛んできます。あー、もう、早く復旧させてくれよ~。

2008/06/27 金曜日

cbq.initによる帯域調整のネタ

Filed under: debian,NETWORK,Technology — Nis @ 12:50:23

こんなリリースが出て、なんとなくCBQ(Class-Based Queuing) 関連の検索が流行りそうな予感がしたので、ちょっとしたメモを残しておこうと思います(笑)

2003年当時のメモを見てると、当時の自分に「なんでこんなこともわからんのか?」と言いたくなります。社内で顧客用に開放していた無料LANでMXやるバカがいたりしたのでcbq.initを設定したんですよね。苦労の記憶が懐かしい

当時あれだけ苦労したcbq.initですが、今ならdebianのパッケージになってるので簡単。iprouteやtcの設定をする必要もありません。


# aptitude install shaper

で、cbq.init(と必要なパッケージ)が自動的にインストールされます。
設定は

# touch /etc/shaper/cbq-****.hoge 
 (****はclassID。2~65535の任意の数字。hogeも任意の文字列)
# vi /etc/shaper/cbq-****.hoge

DEVICE=eth0,100Mbit,10Mbit
RATE=2Mbit
WEIGHT=200Kbit 
PRIO=6 (トラフィックの優先度。値が小さいほど優先)
RULE=(送信元IPアドレス):(制限をかけたいポート番号),

# /etc/init.d/shaper start

と設定ファイルを必要な個数作ればOK。上の例は2Mbitに制限する設定。WEIGHTはRATEの1/10。スラッシュドットの記事によると流行の数字は2.84Mbpsらしいので、必要な人は適当にアレンジしてください。RULEに関しては「cbq.initはルータから出て行くパケットを帯域制御する」ことに気をつけてください。「,」(コンマ)区切りでコンマの前が「送信元IP/ネットマスク:ポート番号」、コンマの後が「送信先IP/ネットマスク:ポート番号」になります。各パラメータは省略可ですが、送信先を指定しない場合でもコンマは省略しないでください。

ルータでNATをかけてる場合は、ローカル側のIPを送信元IPとして直接登録することはできないはずです(NATでローカルIPがルータWAN側IPに変換されるため&cbq.initがルータから出て行くパケットしか制御できないため)。特に試して無いので、もしかしたらできるかもしれませんが。

 

えーっと、これは何のこと? 意味がわかんない。

【日本語でお願いします】

 という人はスルーしてください。またLinuxサーバをルータ(orファイアウォール)として使ってる人向けの記事ですので、ブロードバンドルータ使ってる人には関係ありません。

 

 追記

RULE行の無いWAN側インタフェース(ex. eth0)用のcbq設定ファイルを書けば、全アップロード帯域を制限することになるはず。


DEVICE=eth0,100Mbit,10Mbit
RATE=2.83Mbit
WEIGHT=283Kbit 

これで、何をやってもアップ帯域が2.84Mbpsを超えないOCN向けLinuxルータができるかしら? そのうち実験してみよう(笑)

2007/12/14 金曜日

機器構成

Filed under: 物欲,NETWORK,personal — Nis @ 04:34:01

MARさんの日記に触発されて、こんなん書いてみた。

2007/05/17 木曜日

2.5GHz帯はWiMAXの夢を見るか

Filed under: NETWORK — Nis @ 19:19:53

広帯域移動無線アクセスシステムの免許方針案についての意見募集

ようやく2.5GHz周波数帯の割当案が総務省から出ましたね。これでようやくモバイルブロードバンドが加速かな~と思いきや、携帯電話会社(ドコモとかauとかSB)には与えないんだそうで。

詳細は以下の記事を参照
2.5GHz帯の免許方針案公表(/.J)
総務省、無線周波数帯の再配分計画でパブコメ募集(CNET JAPAN)
総務省がモバイル・ブロードバンド用周波数の割り当て案,KDDIなど既存携帯電話事業者は締め出し(TECH-ON)

2.5GHz周波数帯はWiMAX等の高速無線LANとして有望視されていながら、「猫の額」ほどしか無い周波数帯を携帯電話会社や次世代PHSや地域FWAやらで奪い合うという悲惨な未来図だった。

そういう意味で、今回の携帯電話会社締め出しは英断だし、センセーショナルな発表だと思うが、最近の総務省関連記事を読んでると、なんとなく背後の流れが見えるような(?)気がする。

アナログ放送の空き周波数を携帯電話とITS用に再配分(CNET-JAPAN)
【VHF/UHF跡地利用】VHFハイの高域側を放送用に,地デジ・ケータイが主用途に(TECH-ON)

つまり、携帯電話会社に対して、「2.5GHz帯はやらんけど、代わりに、(地デジ移行完了する)2011年になったら、(アナログテレビで使ってる)UHF帯をやるから、そっちを使え」ということかしらん。

2.5GHz帯から携帯締め出し → UHF帯やるから我慢しろ → UHF帯使えるのを待ってるんだから、2011年に地デジ移行完了しなかったら怒るよ?(携帯会社) → うがー

ということで2011年地デジ完了が「ケツカッチン」化? もう後が無い?
なんといっても、携帯電話会社はテレビ局の数倍、百億円単位の電波利用料払ってますからね。(電波利用料財源の使い道について書き始めると長いので省略)

そして、最後の記事。
NEC、台湾にWiMAXの研究拠点(ITmedia)

「国内のWiMAXはPHSと山間僻地だけ」 → 「パイ少なそう」=「売れなさそう」 → 国内で開発拠点作るまでもないぜ~」

というのは、うがちすぎですかねぇ・・・・。

WiMAXは光やADSLが来てない山間僻地でのブロードバンド普及に役立つ(デジタルデバイド解消)と期待されているので、なるべく安価にして欲しいのですが。

p.s. 2.5GHz帯割当案の話題のはずが、随分と脱線(妄想)してしまったですよ。裏取りの無い妄想ばかりですが、各々の記事は本物ですので^^;

2006/08/02 水曜日

[es]でシリアルコンソール

Filed under: 物欲,NETWORK,W-ZERO3 — Nis @ 01:34:52

[es]に変えたい理由その1がUSBホスト機能でしたから、真っ先に試したかったのが昨日のこれだったわけですが、結果から書くとあっけなくできました。

シグマリオン3いじった時にもお世話になったこちらのサイトで、あっけなく[es]対応版のUSBシリアルドライバが発表されてました・・・ネットワークエンジニアが考えることは皆同じようで(笑)

シグマリオン3と同じ24termを入れて、さっそく手持ちのヤマハRTX1100にシリアルロックオンッ!

文字がでねぇ・・・・・orz

サークルの先輩、のちなさんまとめページにも「ATOKでは文字が出ない」と書いてある。MSIMEに切り替えるたびに再起動が必要なのにッ! 何故だッ!

USBシリアルでコンソール

こんな感じで接続成功。ごく一部の人にしか意味のない話ですが、こういう世界もあるのだとご理解頂きたく・・・。

ついでに、pocketputty for w-ZERO3も[es]に合わせてバージョンアップしてたのでインストール。前のバージョンでは[es]でCTRLキーが効かなかったので、pingがCTRL+Cで止まらないとか色々困ったのですが、ちゃんと対策されていました。やはりネットワークエンジニアが考(以下略w

自宅サーバと会社サーバにつないでみましたが、ちゃんと操作できました。めでたし。

次ページへ »

73 queries. HTML convert time: 0.274 sec. Powered by WordPress $B$J$+$N$R$H(B